読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【2017年4月】目黒川の桜並木を夕方から夜にかけて見てきた

雨の日が多かった今年の花見シーズン。行こうと考えていた日も雨マークだったため、晴れの日を狙って突発的に行くことにした。

場所は目黒川の桜並木。

約800本のソメイヨシノが並び、夜にはライトアップもされる都内で大人気の花見スポットである。

以前から興味はあったが、「人が多そう」という理由から中々足を運ぶ事が出来なかった。しかしそんな理由は言い訳にすぎず、今年行かなかったら来年も結局行かないことになりそうなので、今年は少しでも行こうと思ったらその日に行こうと決めていた。

桜並木へのアクセスはJR目黒駅や東急東横線中目黒駅から行く事ができるが、今回は降りたことのないJR目黒駅から行ってみることにした。

調べてみるとJR目黒駅から桜並木までは約5分らしく以外と近い。

駅に降りると「桜並木方面」という案内があり、事前に見た地図情報を元に足を進めてみることにした。余談だが駅周辺の人の多さはなんなのだろう。ちょうど帰宅する人と花見に行く人の時間がかぶったのだろうか。

〜歩くこと約5分〜

行く前は本当に5分で着くの?と疑心暗鬼に思っていたが本当に5分ほどで桜並木が見えてきた。


f:id:settidayo:20170422171337j:plain
雨で桜の散り具合を心配していたがまだ大分咲いていた。
時間は日没後で多少写りが暗いが、これだけ桜が集まっているのを見るのは今年初めてなので軽くテンションが上がる

混雑くらいは、橋に人が集まってはいたがぎゅうぎゅうという程ではなく、多少の余裕があった。都内勤務の人は平日の仕事帰りに来るのが良いのかもしれない。

f:id:settidayo:20170422171340j:plainぼんぼりが良い感じ。

f:id:settidayo:20170422171342j:plain
アーチ上になっている桜の木を頭上に見ながら進む。

f:id:settidayo:20170422171344j:plain

f:id:settidayo:20170422171346j:plain
30分ほど歩くと日がすっかり落ち、ぼんぼりの灯りがきれいに目立つように。

f:id:settidayo:20170422171348j:plain
ぼんぼりの灯りに照らされた桜。

f:id:settidayo:20170422171350j:plain

f:id:settidayo:20170422171352j:plain

f:id:settidayo:20170422171354j:plain

f:id:settidayo:20170422171356j:plain

f:id:settidayo:20170422171359j:plain

f:id:settidayo:20170422171401j:plain

f:id:settidayo:20170422171402j:plain

f:id:settidayo:20170422171404j:plain
白とピンクの桜色がキレイ〜。

f:id:settidayo:20170422171405j:plain
ぼんぼりには町内会の人やお金を払った人が協賛となって自由にメッセージをかけるらしいが私の知っているゲームも協賛になっていた。

花見に来ていた人の年齢層は様々で、地元の人らしきおじいちゃんおばあちゃんに、仕事帰りのOLやサラリーマン、学生、海外から来たと思われる旅行者もけっこう居て色んな人たちが桜を楽しんでいた。

目黒駅から行ける桜並木は下流だったようだが、中流中目黒駅から上流の池尻大橋駅の方には屋台があったらしい。

来年行く時はそっち方面に行って違う雰囲気を感じてみたいな。

治一郎の桜バウムクーヘンを母親の誕生日プレゼント&自分用に買ってみた

3月31日、近々誕生日を迎える母親への誕生日プレゼントして恵比寿のアトレにある治一郎にやってきた。

f:id:settidayo:20170416133550j:plain

「治一郎」は静岡県浜松市に本社を置く「株式会社ヤタロー」のスイーツブランドで、関東で目にすることが多い。ラスクやロールケーキ、プリンなども売っているが、メイン商品はバウムクーヘンだ。

そのバウムクーヘンが期間限定で桜のバウムクーヘンを出していたので母親の誕生日プレンゼントと自分用を兼ねて2つ買ってみることにした。

桜味というか、桜もちの葉っぱの味があまり好みではない私としては「桜のバウムクーヘン?何それ桜味なの?色だけ?」とやや不安げに思ったが、春らしいので好奇心に負けて手が出てしまった。桜のバウムクーヘン=私の想像している桜味ではないことを祈るばかりである。

ちなみに治一郎のお店から商品代金とは別に送料代500円を支払うと宅急便で指定場所へ送ってもらうことが出来る(2017年4月現在)。母親は県外にある実家に住んでいるので、私はそちらへ送ってもらうことにした。もしバウムクーヘンが桜味だったとしても母は桜餅の葉っぱも好んで食べるので何ら問題はない(恐らく)。

〜帰宅後〜

f:id:settidayo:20170416133552j:plain

f:id:settidayo:20170416133553j:plain春らしい時期限定の桜柄の紙袋から商品を取り出す。

f:id:settidayo:20170416133555j:plain
賞味期限は4月16日で購入した日から2週間少しあった。

f:id:settidayo:20170416133556j:plain
箱はシンプルなデザインで、これを開けると…

f:id:settidayo:20170416133557j:plain
桜のバウムクーヘンがお目見えー!

早く食べたくて思わず箱から出した直後の写真を撮るのを忘れてしまったが、桜をイメージした薄いピンク色が綺麗。

f:id:settidayo:20170416133559j:plain
普通のバウムクーヘンはパッケージに密封されていたと思うが、桜のバウムクーヘンは透明なプラスチック容器に入っていた。上ふたを取って、このまま包丁かナイフで切っても良いし、丸ごとまな板の上にひっくり返すことも出来るのでとても便利だった。

f:id:settidayo:20170416133600j:plain
せっかくなので丸ごとお皿に乗せてみた。

1人で1ホール食べるなんて夢のよう!でも今なら出来る…

結果

f:id:settidayo:20170416133602j:plain
4分の1だけカットしてカフェオレと一緒に食べることに。
1ホールは無理でも「半分ならいけるんじゃ」と思っていたが、夜ご飯の後だったので4分の1が限界だった。

さて問題の味は・・・

美味しいー!

桜味はしなくて、通常の治一郎のバウムクーヘン同様にふんわりとしたきめ細かい生地が健在で美味しいー!

桜のバウムクーヘンというのは色だけで桜成分なんて入ってないのかな?と思って原材料名を確認してみたら

f:id:settidayo:20170416145746j:plain
入っている…桜葉とか桜花とか確実に桜成分が入っている…

今更ながら治一郎のサイトで情報を確認してみると

しっとり感はそのままに、桜の風味豊かなバウムクーヘンに焼き上げました。
ほのかに塩味のあるお砂糖が味のアクセントに。

の一文が。

母親の元に届いた後に感想を聞いてみると、とてもお気に召したようで、この桜バウムクーヘンは桜味がいける派もそうでない派も美味しく頂けるということがわかった。

通常のバウムクーヘンは1年半ほど食べていないので記憶が曖昧だが、こっちの方が甘さが控え目のような気もする。

また1年後に販売されても「買おう」と思える味だったので好奇心に負けてでも買ってよかった。

次の期間限定商品が出ていたらまたチェックしてみよう。

初めて行く「丸の内ピカデリー3」に東京メトロ銀座駅から行ってみたらこうなった

エイプリルフールの今日、丸の内ピカデリー3で上映される特別興行映画の「ダークナイト」を見るために私は東京メトロ銀座駅に向かっていた。

初めて行く映画館なので、銀座駅には開始20分前くらいに着こうと思っていたのだが、乗ろうと思っていた快速電車に乗り遅れ、銀座駅への到着は映画の上映開始10分前になってしまった。

丸の内ピカデリー3へは、丸の内ピカデリーのサイト情報でいくとC5出口から徒歩1分らしいが、C5出口まで何分かかるか分からない。銀座駅自体、そんなに広くはなかったと思うが、ふとトイレに行きたくなった。

計算すると、起きてトイレに行ってから2時間半は経っている。加えて予約してあるチケットの発券までしなくてはいけない。

間に合うのか焦る。

とりあえずとにかくトイレに行かせて欲しい。

どうかC5出口の目の前か横に有楽町マリオン(丸の内ピカデリー3が入っているビル)が入っていてえええと願いながら電車が銀座駅に着くのを待つ。

そういえば特別興行の映画を見るのは初めてで、他映画の宣伝が無くすぐに映画が始まったらどうしよう…と考え始める。今日ほど「宣伝あってくれ…!」と願う日もそうそうない。

心の中をそうこうしているうちに銀座駅に着いた。

早歩きでC5出口を目指す。日比谷線からだと意外と近い。

目の前に何かビルが。これが丸の内ピカデリー3が入っているビルなのか!?

f:id:settidayo:20170401160429j:plain

しかし何かおかしい…入口が開いていない。

嘘だ嘘だこんなのおかしい。

f:id:settidayo:20170401160451j:plain

f:id:settidayo:20170401165535j:plain

11時開店だなんておかしい。

そう、おかしかった。

よく見たらビル名が有楽町マリオンではなく

f:id:settidayo:20170401165710j:plainNISHIGINZAだった。


C5出口を出て最初に目にする建物は「NISHIGINZA」だった。

有楽町マリオンはいずこ…!

とりあえず地上に出て周りを見渡してもよく分からないので、駅構内に戻りC4出口を目指す。ちなみにC4出口は有楽町マリオンのサイトのアクセス情報にC4出口が最寄駅と書いてあるのである。C4出口でもC5出口でも着くならこの際どっちでも良い。

C4出口から地上に出た。

周りを見渡すが、それでもまだ分からない。しかし目的の建物である有楽町マリオンへは徒歩1分なのだ。この視界を180度見渡すと見える中にある建物のどれかに違いない。時間がないのにそこだけは自信満々に感じる自分。

するとここで天の助けか、すぐ側に交番が有り、人が立っているのを発見する。思わず私は駆け寄った。

「すみません、有楽町マリオンてどこですか!?」

有楽町マリオンなら後ろに見えるアレだよ」


アレかー!!!
 

f:id:settidayo:20170401160701j:plain

有楽町マリオンはC4出口を出て右後ろ方面!!はい、覚えた!!

人の良さそうな交番のおじさんにお礼を言い、ダッシュで近づく。立派なビルである。

f:id:settidayo:20170401163631j:plainここから中に入るとすぐ右側はピカデリー1、2の切符売り場だった。

ピカデリー3は?ピカデリー3どこにあんの!??


ヒントになる物がないかと冷静ぶりながら周りを見渡す。

あったー!

f:id:settidayo:20170401160725j:plain
案内図があったー!!現在位置から左、右、右ね!!近そう!!

ちなみにこれらの写真は帰り際に撮ったもので、行きは写真を撮る余裕なんてなかった。

f:id:settidayo:20170401161617j:plain
案内図の通りに進むと「丸の内ピカデリー3」の看板(?)が!

なんやかんやで、お目当てのビルに到着。

f:id:settidayo:20170401161725j:plain映画館は5階。

oasisのライブ上映も気になったのだが、今回は見送らせていただいた。

この時の時間は映画開始3分前。ギリギリである。

私の他に3人ほどエレベーターに入ってきたが、皆急いで来たのか肩が上がっていたり息が切れている。時間的に全員「ダークナイト」目当てなのであろう。「良かったですね、私たち間に合いそうですよ」と勝手に仲間意識を持ったことは黙っておく。


f:id:settidayo:20170401161734j:plain
エレベーターを出てすぐにある自動発券機で切符を発券。

ようやくトイレへ!


用を済ましマッハで出る。私の他にも急ぎ足でトイレに来る人が居て上映まで時間がないことが伺える。

手を洗っていると「11時本編開始です」と地声でアナウンスする店員のお姉さんが聞こえる。やはり特別興行の映画には他映画の予告はないらしい。


席について、これで心穏やかな気持ちで映画が見れる…と、ようやく出来た余裕の中で時間を見ると11時2分だった。これが遅刻の厳しい学校の校門だったら、閉まってて入れなかったかもしれない。大好きな映画なので間に合って本当に良かった。


 
152分あった本編を見終わる。

席はR列の右側のブロッグだったのだが、開始5分くらいは左端の人が携帯をいじっているのか何か明かりが視界に入り、「今すぐそれを閉まってくれえええ」と思っていたが、よく見てみるとなんと足元の明かりだった。次にR列を取ることがあった時はこの明かりが見えない位置にしようと思った。(あるのか?)

それからこれは帰り道で気づいたことなのだが、最初に迷ったNISHIGINZAのビルから地上に出てビル沿いに右に向かった場合でも有楽町マリオンにたどり着けるのである。

次に丸の内ピカデリー3に行く時は迷わずに着こう…そう心に誓った。

f:id:settidayo:20170401161541j:plain

キティちゃん柄の飛行機に乗って台湾桃園空港へ!入国審査〜台北駅までの軌跡

台湾旅行へ出発する日の昼。
マクドナルドでの腹ごしらへも済んだので、いざ搭乗口へ。

今回、台湾桃園国際空港へ向かうために乗る飛行機はこちら。

f:id:settidayo:20170327203447j:plainなんとキティちゃん柄!

控え目に言っても可愛い。

こういう、通常とは異なるデザインがされた機体を目にすることはあっても、実際に乗ったことはなかったので、これに乗れるんだと思うとワクワクした。

しかし友人の一人がキティちゃんを見て一言。

f:id:settidayo:20170327203449j:plain友人「寄生獣みたい」

もうそれにしか見えない…

こんな可愛いキティちゃんになんて感想を…!なんて感想を…!

友人「あんな所が開くデザインにも問題はある」

一理ある。

ちなみに「寄生獣」とは雑誌アフタヌーンで連載されていた漫画に出てくる生物で、映画化もされたので知っている人もいると思うが、人間を捕食する「寄生生物」のことである。その人間を捕食するシーンで、上記キティちゃんのように口を大きく開けて人間を捕食するのだ。

実際、キティちゃんには口がないので「上記キティちゃんのように」と表現するのもおかしいが、飛行機の開いた部分がちょうどキティちゃんの口に見えたのである。

キティちゃん好きな人がこの文書を読んで気を悪くしたら申し訳ないが、私も友人もキティちゃんのことは大好きであることをお伝えしておく。

気を取り直して(?)機内へ。

f:id:settidayo:20170331221621j:plain
機内テレビにはエバー航空の制服を着たお姉さんが。

f:id:settidayo:20170331221630j:plain
安全ビデオがアニメーション。

f:id:settidayo:20170331221622j:plainTVの下に着いていたリモコン。そういやこれ1回も使わなった。

f:id:settidayo:20170331221624j:plain
安全のしおりまでもがキティちゃん!

f:id:settidayo:20170331221626j:plain
エバー航空の制服を着ているのが可愛い。

f:id:settidayo:20170331221628j:plain
販売グッズのしおりもキティちゃん。中身はサンリオ好きならたまらんだろうなと思うグッズだらけ。

f:id:settidayo:20170331221631j:plain
エバー航空機内食

友人の親戚から「機内食は美味しくないよ」と聞いていたのだが、航空券の安さを思うとまあこんなもんかなと思う味だった。

機内では中国語が行き交い、日本語はポツポツとしか聞こえなかった。ハワイに行った時とは違い、台湾へ行くのはアジア人ばかりなんだなと感じた。

台湾桃園国際空港までは4時間弱。

機内では「ファンタスティック・ビースト」を観て過ごした。偶然にも連れ2人も同作品をまだ未視聴だったようで、全員が同じ映画を選択していた光景には少し笑えた。

f:id:settidayo:20170331221633j:plain
桃園国際空港には定刻通りに到着。天候は少し曇り模様。

ここで機内で少し疑問に思ったことが1つ。入国審査カードが配られなかったけどなんでだろ…。

入国審査カードは空港で必ず提出するものだと記憶していたので、書かないわけには行かない。空港に降りてから用紙が置いてあるカウンターを探すもカウンターに紙が見当たらない。

ネットからでも申請できるようだが、wi-fiの設定をしていないのでネットにも接続できない。

とにかく用紙があるカウンターを探し求め歩く。歩くというかカウンター周りをうろうろしまくる。あった。ようやく用紙があるカウンターがあった。

全て英語で書かれているので、「これどういう意味だっけ…」と記憶を探りながら書く。

空港に着いてから15分は経っていただろうか。パスポートとeチケットを手にし、ようやく入国審査に並ぶ私たち。

入国審査カードはハワイの時みたいに空港を出る時にでも係員に渡すのかな…と思いポケットに入れておくにした。

ところがどっこい。入国審査カードも入国審査の時に求められた。

あぶない!バッグの中に仕舞わず、すぐ出せるようにしといて正解だった!

何故か私の前の人が審査を通過出来ずに来た方向へ戻っていったので不思議に思っていたのだが、きっとあの人は入国審査カードを持っていなかったのだ。

15分間空港でうろうろしつつも、書いておいて正解だった…。

ちなみに入国審査は英語での質問はなく、
「しもん」「あと(入国審査カード出して、というデスチャー)」
の2つの日本語の案内ですんなり終わった。

実際、機内では入国審査カードを配ってはいたのであろう。というか、もしやアレか?という場面が一箇所だけある。「何か黄色い紙見せてる」な、とうシーンが。入国審査カード=全員に配るものだと思っていたが、ネットで事前申請もできるようなので、申請した人にしか配らない仕組みだったのだ。


日本人だらけハワイ行きの機内とは違って、台湾行きは母国に帰ろうとする台湾人(or中国人)がきっと多く、そんな機内で入国審査カードを全員に配るのもおかしな話だったのだ。

せっかく日本人のCAさんが2人搭乗していたので、ここは日本語での案内も欲しかったが1つ利口になったので良い経験だったと思おう。

入国審査通過後は、出てすぐにあったピンクの看板の両替所にて2万円を台湾元に換金。2万円を出し、サインをするだけで台湾元に換金してくれた。

ホテルまでは、友人がバスに乗ったりタクシーは不安というので、申し込んでいた送迎のツアーバスに乗って移動。バスの中では添乗員さんが台湾と日本の違いを話してくれたりした。

バスに乗り込む前は「台湾暑い、ヒートテックはいらなかった」と言っていたのに「やっぱりあって良かった」と思うほど、バスの中は以外と冷房が効いていて寒かった。台湾は日本と比べると暖かい国なので、これがデフォなのだろう。

f:id:settidayo:20170401003118j:plain
高速から見えた景色。
台湾の車のナンバープレートは欧米の様に数字と英語で書かれていたのは意外だった。

出発から1時間。金曜日ということもあり道は混んでいるようだった。台湾も日本と同じで金曜の夜は特に混むのだなとぼんやり思う。途中、セグウェイで道路を走る人が居てその見事な違和感ぶりに笑えた。

f:id:settidayo:20170331221638j:plain
台北駅。
ここまで空港から約1時間半。泊まるホテルまでは1時間45分かかった。

ギリギリだ。

何がギリギリかというと20時から始まるタイペイアイの予約をしていたからだ。

次回予告:タイペイアイに行ってきた

台湾旅行に出発する前に成田空港のマクドナルドに行ってみたら「Mサイズ」じゃなかった件

2017年3月某日、私は海外2カ国目となる台湾へ行くために成田空港へ来ていた。

前回、初海外となるハワイへ行く時は、成田空港に着いたのは夜で人があまりおらず閑散としていたが、今回はお昼。

お昼の成田空港(第1ターミナル)の様子はというと

f:id:settidayo:20170327203440j:plain

前も横も後ろもけっこう人が居る!
しかも明るい。

明るさについてはお昼な上に晴れていたので当たり前なのだが、やはりこういう雰囲気の方が「今から旅行に行くぞ!!」という気持ちになり夜の時とはまた違うワクワク感がある。
 f:id:settidayo:20170327203443j:plain


とりあえず自動チェックインカウンターで搭乗券を受け取り、出発口へ。

f:id:settidayo:20170327203445j:plain
このズラーっと出発便が並んだ掲示板を見るだけでもテンションが上がるのは私だけだろうか。

手荷物検査や出国審査を済ませ、いざ搭乗口へ。

…と行きたいところだが、出発まで時間がありお腹も減っていたのでランチタイムを取ることに。

私「何食べよう」
友人「マック!」
私「成田空港でマック」

と思ったものの、特に食べたいものも決まっていなかったので、マックへ行くことに。
レジ上に並ぶメニュー表を見上げる。

今の時期は「てりたま」が季節限定として販売されているが、気分じゃないので、チキンフィレオを注文。

空港価格なのか値段がやや高い…高いぞマック!

しかしそれには理由があった。

袋からドリンクを取り出す違和感が。

「何かでかくない?M…?これLサイズだ


もしかしてポテトも…?

f:id:settidayo:20170327203450j:plain
案の定、ポテトもLサイズだった

写真では分かりづらいかもしれないが、成田空港のマックでセットを頼むとLサイズのドリンクとポテトが入っているのである。値段が日本の街中より高かったのはこのせいなのだろう。

次回予告:エバー航空の飛行機に乗ってみたらキティ柄だった

 

2017年1月21日(土)サントリーサンバーズ VS JTサンダーズの試合を見に行ってきた

2017年1月21日(土)AM:JR蒲田駅f:id:settidayo:20170204212658j:plain

そこから歩くこと約15分。

f:id:settidayo:20170204212700j:plain

f:id:settidayo:20170204212702j:plain大田区総合体育館に到着。

この日の目的はそう、タイトルにも書いたとおりプレミアムリーグ男子バレーボール大会の「サントリーサンバーズ」 VS 「JTサンダース」の試合を見ることである。

f:id:settidayo:20170204213147j:plain
アーチをくぐって体育館内に向かう。
アーチには男子バレー8チームの代表選手が2名ずつだろうかが写っていた。

ちなみにバレーボールは学生時代に体育の時にやったくらいで、ルールはそれほど詳しくはない。今回は友人からお誘いを受けたので行ってみることにした。

f:id:settidayo:20170204222445j:plain
席から見える試合の様子。
友人は一足先に会場に来ていて席をキープしてくれていた。友人は「サントリーサンバーズ」のファンなので、席もそちらの応援席側に座る。

f:id:settidayo:20170204222737j:plain
応援グッズである「スティックバルーン」。

中に入ったのは試合開始15分前くらいだったのだが、これをストローで膨らませたり、友人から今日のベンチ入りの選手の名前を聞いているとあっという間に試合が始まってしまった。

選手の名前はほぼ知らないのだが、以前TVを見ている時に興味を持ったバレー日本代表でもある柳田選手が、「サントリーサンバーズ」の選手だったのはすごい偶然だった。今日そのプレイを生で見れるのを楽しみにしていたのだが、なんと今日は控えで試合に出ないという。

その代わりといってはなんだが、今日は今季の新入団選手である3人がベンチに入っているという。出るか分らないが、出てきたら精一杯応援しようと思えた。

f:id:settidayo:20170204222801j:plain

この日サントリーサンバーズ で一番アタックを決めていたのが4番の「ヤドリアン エスコバル」選手。出身はキューバで何と身長は200cm!ちなみに写真手前の2番「鈴木寛史」選手も200cmあり、遠くから見えていても特に背が高いのが分かる。


ここで、私のようにルールを忘れてしまった人のために簡単にルールを説明すると、6人制バレーは先に25ポイントを先取した方が1セットを獲得できることになっている。そして3セットを先取した方が勝ちだ。

1セット目はJTサンダーズに取られてしまったのだが、その理由はこの2人。

f:id:settidayo:20170204222845j:plain
189cmの「越川優」選手と

f:id:settidayo:20170204222900j:plain
202cmもある「ドラジェン・ルブリッチ」 選手。

この2人がジャンピングサーブやアタックなど、迫力がある球を敵チームながらこっちがスカッとするくらいバシバシ決めてくるのである。

余談ではあるが越川優」選手のジャンピングサーブは、某バレー漫画のセッター選手のジャンピングサーブとダブって見えたので、この人がモデルなのではと個人的に思えた。

f:id:settidayo:20170204222918j:plain
休憩の合間にはキッズチアガールのショーも行われた。

f:id:settidayo:20170204222920j:plain
マスコットのスーパーサンバーズくん。

f:id:settidayo:20170204222922j:plain見てる。

f:id:settidayo:20170204222924j:plain子供だけではなくスタイルの良いお姉さんもいる。この引き締まり具合は日頃の努力の賜物なんだろうが羨ましい。

f:id:settidayo:20170204222926j:plain決めっ。

癒しの時間が終わり、試合が続行される。

そして何セット目だったろうか、遂に新入団選手である3人の内の1人が呼ばれたのである。それは

f:id:settidayo:20170204222949j:plain
小川 猛(おがわたけし)くん!

友人いわく「ハーフのような顔立ちだけど、ばりばり日本名の子がいる」と聞いていたのでチェックしていたのだが、それが彼である。その彼が呼ばれたのである。ちなみに1994年7月7日生まれで22歳(2017年2月現在)とまだ若い。

彼はサーブを1本打ってすぐベンチに戻ってしまったが、その後も1〜2回ほど出番があったので良かったと思う。コートから出ようとするたびに周りの先輩方にぺこぺこしていたのが何だか可愛かった。

f:id:settidayo:20170204223002j:plain
隣にいるのがリベロの「酒井大祐」選手。
リベロとは守備専門のプレーヤーで、他の選手とは異なるユニホームを着ている。

友人から聞いて初めて知ったのだが、リベロの選手は審判の許可を得ず、後衛選手と自由に何度でも交代できるらしい。酒井選手はこうやってみると小さく見えるかもしれないが、180cmありコート上では堂々しているのでとてもカッコ良く見えた。

そして終盤盛り上がりを見せたのがこの「鶴田大樹」選手。

f:id:settidayo:20170204223020j:plain
ポジションはリベロらしいのだが、この日はレシーバーだったのでどっちもやるようだ(やれるんだ…)。

このサーブを打った後に会場で大歓声が上がるくらいの盛り上がりを見せ結果は最終的に…

f:id:settidayo:20170204223022j:plain

3−1でサントリーサンバーズが勝利!

2〜4ゲームは特に接戦で見ていてハラハラもしたけど、興奮もしたあっという間の数時間だった。あとやはり応援している方が勝つとすっきりした気持ちで帰れるのも良い。
 

f:id:settidayo:20170204212704j:plain

…バレーの試合を見ておいてなんだが、学生時代はバスケをやっていたので、何だかプロバスケッボールの試合も見てみたくなったな…と思いながら帰路につくのであった。

 

山下公園近くにあるTHE HOF BRAU(ザ ホフブロウ)に行ってみた

2016年11月最後の土曜、下記赤レンガのクリスマスマーケットに行く前に私はどこかでお昼ご飯を食べようと考えていた。

ドイツに行くお金がないから赤レンガのドイツの雪景色を再現したイベントに行ってきた

この日のメインはこのブログでも書いたように、赤レンガのクリスマスマーケットなのだが、行くからには昼もドイツを味わう何かを食べて、1日中ドイツを感じることをしたい…そう決意した私は「日本大通り ドイツ料理」「山下公園 ドイツ料理」など赤レンガ周辺のドイツ料理を探してみることにした。

すると昼からやっている良さげなお店を発見したので行ってみることにした。


▼その名は「THE HOF BRAU(ザ ホフブロウ)」

 地図を確認すると、どうやらお店は山下公園にあるローソンに近い。目印は黄色い看板。ローソン方面に進んで、道を一本入ればお店が見えてくるはずだ。

f:id:settidayo:20170128144411j:plain

キター!!!方向音痴の私にしてはほぼ迷わず来れたので嬉しい。

f:id:settidayo:20170128144413j:plain

黄色だけではなく白い看板もあった。

f:id:settidayo:20170128144415j:plain

クリスマス前なので、お店の前には素敵な白いツリーと入口にはリースが。こういう季節感のある飾りは個人的にとても好きなので、これだけで心が踊る。

とりあえず店内へ入ってみようと、恐る恐るドアを開ける。入口の右側にはすぐレジがあり、その向かって左側にはお酒がたくさん並んだカウンター、そして壁を挟んだその向かいにはテーブル席があり、一瞬、中尾彬&志乃夫妻かと思ったカップルが近くにいた。本物の中尾彬&志乃夫妻が居てもおかしくないくらいお店の雰囲気が良い。私たちは20代くらいの女性に案内され、そのカップルがいる前の席に着いた。

「さて、ドイツ料理の注文を」といきたいところだが、レビューやメニューを見ていると以前よりドイツ色が薄くなり、洋食店といったメニューがメインのとのこと。


前述で「1日中ドイツを感じることをしたい」と書いたが、ここではドイツ色が薄くても1品でもドイツっぽい料理を食べれればそれでOKということにした。断じて料理がどれも美味しそうだから食べたいものを食べることにした、というわけではない。

とりあえず「本場ドイツの家庭料理を彷彿させる」というジャーマンポテトサラダを前菜に、名物のスパピザという料理、友人が気になった牛スジ煮込みとマッシュポテトのグラタンを注文することにした。

▼お待ちかねの料理

f:id:settidayo:20170128213847j:plain

定番メニューというジャーマンポテトサラダ。酸味があり日本のポテトサラダとの違いを感じる。

 

f:id:settidayo:20170128213852j:plain

お次に来たのだお店の名物だというスパピザ。スパピザって??と思ったが、鉄板にミートソース、スパゲッティ、チーズを重ねて焼き上げたボリューム満点のお店オリジナルメニューだそう。

 

f:id:settidayo:20170128213854j:plain

チーズがめちゃく伸びるー!

f:id:settidayo:20170128213855j:plain

めちゃくちゃ美味しそう。
というか見た目に反せず美味しい。チーズ好きにはたまらない美味さである。

f:id:settidayo:20170128213859j:plain

そして最後に来たのが牛スジ煮込みとマッシュポテトのグラタン。ポテサラを頼んでおいてここでもポテトかよと思われそうだが、ドイツっぽさを感じられれば良いので何ら問題はない。

そして味はというと…想像以上に美味しかったー!

肝心の中身を撮るのを忘れたので、メニューの写真を載せておく。

f:id:settidayo:20170128215458j:plain

右側の写真がそうなのだが、牛スジが口の中でとろけるくらい柔らかくてソースも全てが美味しいのである。


ここの料理がすっきり気に入った私と友人は、他の料理も食べるべくまたの来訪を誓った。レジをしてくれたソムリエのお兄さんも話しやすかったし、初めて横浜観光する友人も是非連れてきたい。

最後に記念にお持ち帰りした名刺を紹介。
f:id:settidayo:20170128224352j:plain山下公園にある氷川丸に似ていて(それがモデルなのかもしれない)、地域の色が出ている。裏面の地図もシンプルにまとまっている

 

f:id:settidayo:20170128225153j:plain
また春までに来たいなあ。