北陸新幹線下り(東京~金沢)で海が見たいなら窓際A席がおすすめ【曇りの日編】

北陸新幹線から見える景色として、立山連峰がよくおすすめされていますが、反対側の席では富山県から海を見ることができます。

ただ最初に言っておきますと「海を見ることができる」といっても、窓一面に青い海が見えるわけではありません。田んぼや住宅地の奥に海が見える程度でそんなに近くには見えません。

それでも、山より海が好きなら窓際のA席、是非ここを取ってみてください。普通席の場合は3列+2列の配列になっていますが、この3列の方が海側となっています。

かがやき号とはくたか号の違い

車窓から見える風景をお伝えする前に、東京~金沢間を直通で行ける北陸新幹線は「かがやき号」と「はくたか号」の2種類があるのはご存じでしょうか。違いは所要時間と自由席の有無です。

簡単に説明すると

▼かがやき号
・最速の約2時間半で東京~金沢に行ける
・全席指定席

はくたか
・停まる駅が多く東京~金沢で約3時間かかる
・自由席がある

です。

今回は2つ目に紹介した「はくたか号」に乗って東京から金沢まで行ってきたので、その時の車窓を海が見え始める手前の新潟県上越妙高駅を過ぎたくらいからお届けします。

車窓からの風景

上越妙高駅糸魚川駅

f:id:settidayo:20171010160348j:plain
見える山は妙高山ですかね。

新潟県富山県の間はトンネルが多く、携帯が「圏外」になることもしばしば。そんな時は読書か寝ることをおすすめするのですが、上越妙高駅を過ぎた後は起きていてください。

長いトンネルを超えるとようやく海が見えてきます。

f:id:settidayo:20171010160401j:plain


海―ーー!

最初に言ったとおり少し離れていますが、これでも肉眼で見るとテンションは上がります。何故なら海が好きだから〜!

糸魚川駅黒部宇奈月温泉駅

f:id:settidayo:20171010160440j:plain糸魚川駅富山県)に到着しました。

f:id:settidayo:20171010160459j:plain駅を通り過ぎてすぐに橋と川が見えてきます。

「あ、これが糸魚川?」と思うかもしれませんが、これは「姫川」です。糸魚川という川はそもそも富山県に存在しないのです。びっくりですね、私も最初は間違えました^^;

f:id:settidayo:20171010160530j:plain曇っていた空ですが、途中で少し晴れ間が見え明るく見えます。
横長に伸びた雲が何本も並んでいるのが印象的です。

黒部宇奈月温泉駅富山駅

f:id:settidayo:20171010160806j:plain
黒部宇奈月温泉駅に到着。

f:id:settidayo:20171010161125j:plain日が沈むのか、空の一番下がオレンジ色に見えます。

f:id:settidayo:20171010161144j:plain
どんよりとした雲がなければもっときれいに見えたのかなーと思うとちょっと惜しいでが、この景色もどこか幻想的で素敵です。

北陸は曇りの日が多いですが、運が良かったら日本海に沈む夕日が見れるかもしれないので、時間を狙って切符を取るのも良いかもしれません。

f:id:settidayo:20171010161556j:plain
海と空の風景が終わり、富山の街並みが見えてきました。

富山駅~新高岡

f:id:settidayo:20171010161623j:plain
富山駅に到着。

f:id:settidayo:20171010173601j:plain
相変わらず空はきれいです。

海は・・・というと

f:id:settidayo:20171010173615j:plain
防音壁が続いて全く見えません泣

そして、シャッターチャンスを狙っているうちにあっという間に・・・

f:id:settidayo:20171010173628j:plain
新高岡に到着。

そう、海は富山駅をすぎるともう見えなくなるのです。海が見える景色は駅にして4駅分で、時間にして45分くらいでしょうか。(防音壁が続く場所もあるため、実際に見える時間は半分の20分くらいかもしれません)

▼新高岡~金沢駅

f:id:settidayo:20171010174115j:plain
海が見える景色は終わりましたが、ここまで来れば金沢駅まではあっという間なので、ここからかは海の代わりに金沢の空の景色を2枚ご紹介します。

f:id:settidayo:20171010174058j:plain

f:id:settidayo:20171010174103j:plain
青空と夕焼け空のコントラストがきれいです。それと少しでも晴れ間が見れて良かった~北陸は本当に曇りの日が多いので、晴れていたらとてもラッキーです。運が良ければ太陽が沈んで行く景色も見れるかもしれませんね。

f:id:settidayo:20171010175558j:plain
金沢駅に到着。

これで昼間の北陸新幹線下りの車窓の紹介はおしまいです。金沢に行かれる方はどうぞ楽しんできてくださいね。

オマケ:晴れた日の海と空

f:id:settidayo:20171010180020j:plain青い・・・!(東京に戻る時に撮影した景色。座席は行きと同じA席です。)

土産にニューヨークパーフェクトチーズを買うためJR東京駅へ行ってきた

f:id:settidayo:20170919192831j:plain


9月3連休前の木曜日、食べたことのない東京駅土産を求めて、2017年3月30日にオープンした「ニューヨークパーフェクトチーズ」に行ってきました。

続きを読む

成田名物のうなぎを食べに老舗有名店の「川豊本店」に行ってみた

7月15日、千葉方面へ行く予定のあった私と友人は、お昼ご飯と観光を兼ねて成田駅へ立ち寄ることにしました。

成田の名物は「うなぎ」。


夏バテ予防にもなる上、うなぎも1年以上ご無沙汰だったので食べに行くことにしたのです。

続きを読む

床の白い跡をキレイにするためフローリングの剥離&ワックスがけに挑戦!失敗と成功の24時間

今の住居に引っ越して来て約1年半。

気づけばお風呂上がり周辺の床に、拭いても取れない白い跡がいくつか出来ていました。

f:id:settidayo:20170903145500j:plain
ちょっと分かりにくいかもしれませんが、100円玉くらいの大きさの染みと奥に小さい白い跡が出来ています。

住んでる所は賃貸なので、これが残ったままだと敷金が取られるんじゃ・・・!と慌てて調べたところ、どうやらこれは「水染み」で、水が飛んだ床を拭かずにいるとワックスが剥がれて出来る現象とのこと。

続きを読む

群馬のさくらんぼ狩り6月か7月に行くなら断然6月がおすすめな理由

もう一ヶ月以上前のことになるが、7月中旬に群馬にある原田農園へさくらんぼ狩りに行ってきた。

群馬のさくらんぼの旬は6月中旬〜7月中旬だが、何故7月ではなく6月に行くことをおすすめするかというと、7月は既に赤い実がほとんど残っていないから

そしてさくらんぼ狩りの時期が7月中旬までとは言っても、実の残り具合では7月初旬で終了してしまう農園も多いのだ。

実際に7月8日にさくらんぼ狩りに行った時のことをまとめるので、今度さくらんぼに行こうと思っている人は参考にして欲しい。

続きを読む

治一郎のれもんバウムはアイスを添えるだけで劇的に美味しさが進化するって知ってた?

夏のSALEが始まり始めた7月初旬。

春ぶりに治一郎に寄ってみると季節限定のれもんの商品が発売されていた。バウムクーヘンにラスク、ロールケーキにれもんが使用されており、どれも見るからに爽やかで美味しそうだったが、私はまたバウムクーヘンを買ってしまった。


パッケージからして爽やかで可愛いのが嬉しい。

続きを読む

ロマンティックガーデンとガーデンベアの庭を通って春の赤レンガ倉庫へ行ってきた

前回書いた「第33回全国都市緑化よこはまフェア」の続き。

山下公園に行ってみたら「第33回全国都市緑化よこはまフェア」が開催されていた

 

横浜公園のチューリップを見たその足で、今度は赤レンガ方面に進むことにした。するとこっちでも何やら華やかな色たちが目についた。

続きを読む