読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本酒と辻利兵衛本店の抹茶を使ったシルスマリアの生チョコを買ってみた

2016年11月某日

日本酒とチョコが好きな私にとって「これは」という情報が入ってきた。


生チョコ発祥の店「シルスマリア」の新商品の内の1つに日本酒と生チョコをコラボした商品があるというのだ。

他に新商品の中には「辻利兵衛本店」の抹茶を使った生チョコもあったので、私は抹茶好きの友人を誘って、「シスマリア」の馬車道店に行ってみることにした。

12月初旬某日

みなとみらい線馬車道駅に到着。お店から一番近い7番出口へ向かう。

f:id:settidayo:20170122130035j:plain


調べたところ、お店はここから歩いて5分くらいのとこにあるらしい。7番出口から出て信号のある道をすぐ右に曲がって進んでいくと、何やら雰囲気のある街並みと街灯が。

f:id:settidayo:20170122130038j:plain


お店はここら辺のはずなのだが、方向音痴なので軽く迷う。とりあえず人が多い方の道に進んでみるとそれはあった。

f:id:settidayo:20170122130040j:plain

「シスマリア」馬車道店!

「生チョコレート菓子・発祥の店」というキャッチコピーがかなり目を惹く。確かに「シスマリア」が生チョコ発祥の店というのは興味が湧く情報である。私も今回の日本酒と生チョコのコラボの情報を知るまで、ここが生チョコ発祥の店だとは知らなかった。てっきり海外が発祥とばかり…なんだか日本人としては嬉しい。


▼いざ店内へ

「いらっしゃいませ〜」

ドアを開けると商品を挟んですぐ前に店員さんがいた。店内は思ったよりも狭く、どこに居ても店員さんに見られているような気がして、悪い事をしているわけじゃないのに若干緊張する。

だが今日は買う気満々で来たので、堂々としていれば良いのだ。

狭いという言葉を言い換えれば、店内が数歩で全部見渡せれたので、見てるだけでどれも美味しそうであれもこれも欲しくなった。欲望に忠実に商品を買っていては破産するので、とりあえずお目当ての生チョコの購入に集中することにした。

f:id:settidayo:20170122163616j:plain

メインケースに並ぶ商品たち。

f:id:settidayo:20170122170802j:plain

よく見ると、目当ての日本酒と抹茶の生チョコは偶然にも横に並んでいた。

木箱がなんとも高級そうである。というか写真中の日本酒とコラボした「九平次生チョコレート」は16粒で1,800円、左の「宇治抹茶生チョコレート」は10粒×2箱入りで2,700円なので、そう安くはない。

f:id:settidayo:20170122170815j:plain

新商品の左側には定番商品と思われる生チョコが並んでいた。


▼実際に購入してみた

まずは日本酒とコラボした「九平次生チョコレート」をオープン。

f:id:settidayo:20170122191626j:plain

f:id:settidayo:20170122191640j:plain
横にスライドするタイプだった。

f:id:settidayo:20170122191642j:plain

f:id:settidayo:20170122191644j:plain
16粒のホワイト生チョコーレトがぎっしり。

開けた後の写真は撮るのを忘れてしまったためないが、上の写真にもある串を使って1つをパクリ。


はぁ〜〜口に含んだ瞬間、日本酒の味が舌に広がる〜〜!

日本酒と生チョコの味が見事にマッチしていて最高に好みの味だった。噛まずに舌で味わっていると喉に若干、日本酒の味が染みてくるのが良い。女性の日本酒好きの方はもちろん、バレンタイデーなどに日本酒好きの男性に贈ってもこれは喜ばれると思う。

ちなみにアルコール分はどうかというと

f:id:settidayo:20170122191646j:plain

1.4%。

次に「宇治抹茶生チョコレート」。

f:id:settidayo:20170122193211j:plain
日本酒とコラボした「九平次生チョコレート」もそうだが、箱からして特別感がある。

f:id:settidayo:20170122193240j:plainこっちは上に蓋を開けるタイプ。

f:id:settidayo:20170122193303j:plain
袋には「SILISMARIA」と「辻利兵衛本店」の文字がプリントされていて、コラボ商品ならではといったデザイン。「宇治抹茶生チョコレート」の方は2袋で1つなので、1つは一緒に購入した友人に渡した。

袋の中のチョコはこんな感じ。

f:id:settidayo:20170122193304j:plain
見た目も濃いが、食べてみると抹茶本来の味を感じるくらいに濃い〜!チョコというか抹茶を食べているような感じに近かったが、抹茶好きの友人は日本酒の生チョコよりもやはりこっちの方が気にっているようだった。


1つ食べると美味しさから次から次へと手を伸ばしたくなるが、日本酒とコラボした「九平次生チョコレート」も「宇治抹茶生チョコレート」のどちらも一粒100円以上するので、庶民の私は1日1個〜4個までにしようと限度を決めて生チョコたちを味わったのだった。


▼ちなみに店舗では

店内では毎回用意されているか分からないが、私たちが行った時には試食することができた。最初に一番人気だという定番チョコの「公園通りの石畳」チョコを頂いたのだが、これが滑らかで新作チョコを買いに来たのにこの定番チョコも欲しくなるほどに美味しかった…!


最後にせっかくなので、新商品の1つである焼酎とコラボした「一刻者生チョコレート」も試食させて貰うことになったのだが、口に含んだ瞬間、目を見開いた。

すんごい芋焼酎

芋焼酎を滅多に飲まないせか、はっきり主張してくる芋焼酎の味がすごい伝わってきた。私にはチョコよりも芋焼酎の味が強く印象に残ったが、普段から芋焼酎呑む人にとってはまた別の感想になる気がしてならないので、これは是非芋焼酎好きの人に試食して貰い、感想を聞いてみたい。


それとこれは後から知ったのだが、この生チョコたちを作っている「シスマリア」のシェフ、小林正和さんはあの「メルティキッス」の監修者だったのだ。

「メルティキッス」を初めた食べた時の美味しさは衝撃的だったけど、まさかこのお店のシェフが監修者だったなんて…次行ったら今度は定番チョコも買ってこようと思う。

【ほぼ食べ物】初めてのハワイ旅行で買ってきたオススメのお土産を紹介してみる

ハワイ旅行から既に3ヶ月が経とうとしてるが、私が初めてのハワイ旅行で買ってきたオススメのお土産を紹介してみようと思う。

その1.ハワイアンホーストのマカデミアナッツチョコレート

f:id:settidayo:20161224142406j:plain

子供の頃、「ハワイと土産といえばこれ」と思うほどよく貰って食べた記憶のあるハワイアンホーストのマカデミアナッツチョコレート。別のマカダミアナッツチョコレートを貰ったこともあったが、これを買わないという選択肢は私の中ではないほど定番のハワイ土産。

私が行った時はABCストアが安かったと思う。

その2.ライオンコーヒー

f:id:settidayo:20161224170739j:plain
職場の美人同僚に「ハワイに行くたびスーツケースの半分以上は買って帰ってくる」と言われる程おすすめされたフレーバーコーヒー。コーヒーに香りが付いているのが特徴。ハワイでコーヒー?と思ったがコーヒーはハワイの特産品で、特にハワイ島南西部のコナ地区でのみ栽培されるコナコーヒーは、ブルーマウンテン、キリマンジャロと並び、世界3大コーヒーとして知られているらしい。

今回私が購入したのは

f:id:settidayo:20161224170943j:plain

同僚一押しのヘーゼルナッツ。

f:id:settidayo:20161224171253j:plain日本人に人気というバニラマカダミア。

f:id:settidayo:20161224171345j:plain

チョコ好きの私にとって買わずにはいられなかったチョコレートマカダミア。

の、3種類。

ヘーゼルナッツとマカダミアチョコレートを飲んでみたけど、本当に良い香り!実家と姉夫婦にも送ったら、皆気に入ってくれて1ヶ月もしない内に1パック飲み干したらしい。ライオンコーヒーは女性だけならず男性をも魅了する罪深いコーヒーのだと知った。苦味もあまり無くとても飲みやすいので、これならたくさん買いたくなるのも頷ける。

そして、私がこれを安く購入するために、ロンスグスドラッグスの会員になった話はこちら

その3.ホノルルクッキー

f:id:settidayo:20161218154214j:plainパイナップルの形が特徴的なホノルルクッキー。個人的にここ近年、職場で貰うことが多いハワイ土産。

f:id:settidayo:20161224143623j:plain

f:id:settidayo:20161224143650j:plain

写真は自分に買った5個入り用ボックスだが、5個入り〜30個入りまで入るボックスを選ぶと、20種類ほどあるクッキーの中から自由にクッキーを選んで詰めることが出来た。

f:id:settidayo:20161224143701j:plain

私は果肉入りのホノルルクッキーよりも、チョコがかかっているタイプの方が好きなのでこういうチョイスになった。自分で数を決めれるタイプの他に、最初から数が決まっているボックスタイプや、パイナップルの形をした可愛いボックスタイプもあるので、自分用にも会社用にも使い勝手の良いお店。

その4.ザ・クッキーコーナーのクッキー

f:id:settidayo:20161224144308j:plain

私が初日に出来たてを食べて感動したザ・クッキーコーナーのクッキー。
詳しくは下記の記事中盤で。

f:id:settidayo:20161224144630j:plain
箱に入っているタイプもあったが、今回は缶に入っているタイプにしてみた。

f:id:settidayo:20161224144644j:plain

出来たてじゃなくても美味しい。地元の人にも人気というのがうなずける。出来たての(というかバラ売り)クッキーしか購入したことがない人にもこれはオススメしたい。
 

その5.ルピシアのハワイ限定商品

f:id:settidayo:20161224145801j:plain

f:id:settidayo:20161224145838j:plain
日本でもお馴染みのルピシアのハワイ限定6種類パック。PALEKAIKO、ANELA、HUAKI、LANIKAI、HOKU、KUUIPOが2パックずつ入っていて計12個。巾着の色はネイビーもあり、値段は確か日本円にして1,500円ほどだった。
どれもフルーティなのだが、匂いというか味にくせがあるものもあったので、試飲させて貰うと良いかもしれない。私はLANIKAI、KUUIPOが特に好きだと感じた。

 

その6.サヌーク(Sanuk)のサンダル

f:id:settidayo:20161225114009j:plain

f:id:settidayo:20161225113641j:plain

ヨガマットの素材を使用していて、はき心地がとても良く、かかとに布を固定できるので脱にくいし歩きやすい。サヌーク=タイ語で"FUN=楽しみ"という意味で(公式サイト参照)、その意味のとおり見てるだけでワクワクするようなハワイアンらしい柄が多い。ワイキキ通りのアイランドソール(Island Sole)で購入したが、先に寄ったアラモアナセンターよりも種類が豊富だった。

その7.ルルルンのハワイ限定フェイスマスク

f:id:settidayo:20161224143049j:plain

7枚入りのフェイスマスクが5パック入っている。女性へのお土産にもう1品追加したい時に小分けにして配れるのが良い。万人受しそうな良い香りがする。

その8.SURF’S UP PEANUTSのグッズ

f:id:settidayo:20161224151111j:plain

日焼けしたスヌーピーやキャラが特徴のハワイ限定ショップ「SURF’S UP PEANUTS」のグッズ。私は上記シール3枚を購入したが、店内ではマグカップやタオル、バッグ、ボールペンなどが販売されていた。シールは日本円で1枚300円ほどで割高だったものの、ハワイならではのスヌーピーが満載だったので、スヌーピー好きには是非とも行くだけ行ってみてほしい。

以下番外編

お〜いお茶英語ver.

お土産というわけではないが、日本でお馴染みの「お~いお茶英語ver.」が珍しかったので紹介したい。

f:id:settidayo:20170114140530j:plain
ぱっと見、日本の「お〜いお茶」と同じに見えるけどよく見ると…

f:id:settidayo:20170114140536j:plain
Oi Ocha (おい おちゃ)

「お〜い」の「〜」が抜けるだけで、和やかな呼びかけから、誰かに引き止められるような呼びかけに変わる気がするのは私だけだろうか。

f:id:settidayo:20170114140532j:plain裏はびっしり英語。
読む気にはなれないが、日本語Ver.と比べてみるのも面白いかもしれない。

初めてのハワイ旅行でロングスドラッグスの会員カードを作ってみた

「ロングスドラッグスの会員になると安く買い物できる」

ハワイ旅行に行く前、「ライオンコーヒーを買うにはどこが安くて良いんだろう」と思っていた私が、ネットで情報を調べていた時に得た情報である。

ロングスドラッグスはハワイの「マツキヨ」的存在で、お土産系の他に日用品や化粧品も扱っている。

店舗の場所を調べると、カラカウア通りやアラモアナセンターにあり、アラモアナセンターなら初日に行く予定がある。そこで会員登録してライオンコーヒーを買ってこよう・・・そう決意した。

〜ハワイ初日〜
アラモアナセンターの2階に上がると、ロングスドラッグスはすぐ見つかった。しかしまだ着いたばかり。お土産を買う気分にもなっておらず、買っても荷物になるのでとりあえずライオンコーヒーが置いてあるかだけを確認してみることにした。

「置いてなかったらどうしよう」と思ったが、それらは入口から進んで30秒くらいのところにある、食料品関係の棚に陳列されていた。値段は2つ表示されていて、ひとつが非会員価格の6.9ドル、もう片方が会員価格の3.9ドルだった。

会員にならないと損すぎるでしょ

しかしこれが他のお店より安いのか私は分からない。何故ならまだロングスドラッグスでしかライオンコーヒーを確認していなかったからだ。とりあえずアラモアナに着いてまだほとんど経っていなかったので、食品系のお土産系は後回しにして、他の気になるお店を回ることにした。


〜ABCストアで値段比較〜
アラモアナセンターを回っていると偶然ABCストアを発見した。ここならライオンコーヒーが置かれているかもしれない、そう思い店内を探すとやはり置いてあった。値段は・・・5.39ドル。いつもはどうか分からないが、この日はロングスドラッグスの方がライオンコーヒーは安かった。買い物も終盤だったのでロングスドラッグスに戻り、会員登録をすることにした。

〜いざロングスドラッグスで会員登録!〜
ライオンコーヒーを手にし、よし、会員登録しようと思った時にふと気付いた。あれ、どうやって会員になれば良いんだろ・・・。そう、私は方法まで調べていなかったのである。


レジで言うの?というか英語が必要・・・?

とりあえずググる。英語で何と言えば良いかググる

「会員になりたいです。」は
「I’d like to be a member of this shop.」
または
「会員カードを作りたいです。」なら
「I’d like to get a member card.」でOkです。


「なるほど、あいどらいくとぅげっとあメンバーカード・・・あいどらいくとぅげっとあメンバーカード・・・」

求めていた英会話を載せてくれていたサイトに感謝しながら、心の中で単語を復唱しまくる。ライオンコーヒーを持ってレジに並ぶ私・・・ハワイに来て一番緊張していた瞬間かもしれない。

レジに並んで3分ほどで私の番がきた。


緊張で覚えた英会話の内容が一瞬飛ぶ。

それでも思い出しながら「あいどらいくとぅ・・・げっとあメンバーカード」と一語一句を話すと、店員さんは分かってくれて、メンバーカードを見せてくれた。

そう、それです、それが作りたいんですー!と思わず笑顔で頷きまくる。

店員さん「Name and email address」


名前とメールアドレスを渡された紙に記載するだけで会員登録できるらしい。今思えば住所とか電話番号はいらなかったんだな・・・必要事項が簡単で本当に良かった。

無事会員登録でき、貰った会員カードがこちら。

f:id:settidayo:20161225161256j:plainやったー!!

2枚1組だったのだが1枚は控えか家族用なのだろうか。穴を開ければキーホールダーを付けたりできるらしい。

ハワイは年に1回、いや数年に1回しか来れないかもしれないが、会員登録を迷っている人がいるならそれでも会員になることをオススメしたい。英語は緊張するが、「ロングスドラッグスの会員になると安く買い物できる」という情報は本当なのだから。

2017年が明けて

f:id:settidayo:20170109132937j:plain
年始限定で「2017」と表示される東京タワーを見てきた。
これを見ると、この1年間やれるだけやろうと、前に進む気持ちが芽生える。

f:id:settidayo:20170109132941j:plain東京タワーの入り口近くにはワンピースとコラボしたチョッパーもいた。

2017年はこんなチョッパーのように笑って終われる年したい。

ザ!ハワイ!というような景色が見られる快晴の日のワイキキビーチ

ハワイ旅行4日目。
とうとう最終日である。15:45ホノルル発の飛行機に乗って帰る日がやってきた。

午前中は時間があるので、朝ごはんを食べに一旦ホテルを出ることにしたのだが、外に出た瞬間驚いた。

f:id:settidayo:20161218154124j:plainめっちゃ晴れてる

 

f:id:settidayo:20161218154136j:plain空と砂浜のコンストラストが美しい

 

f:id:settidayo:20161218154150j:plain快晴だーーー!!!

 

f:id:settidayo:20161127135628j:plainこの3日間の空とはこんなに違う。(初日に同じカメラで撮影)

初めて見たワイキキビーチは曇っていても感激したけれど、ザ・ハワイというようなワイキキ100%の景色は、やはり快晴時に一番威力が発揮されるのだと思い知らされた。

すごい・・・すごいよ快晴パワー・・・

そしてこの快晴パワーに魅了されたのは私たちだけでなかった。
朝ごはんから戻ってきた時に見た光景がこちら。

f:id:settidayo:20161218175533j:plain

f:id:settidayo:20161218183130j:plain

f:id:settidayo:20161218183504j:plain

人が増えている。 


海に入るには最高の日に違いない。
むしろこっちの天候の方が普通のような気がする。
これが本当のワイキキビーチなんだ、と思えた。



残り1時間くらいで空港に向かうバスに乗らなければいけなかったので、私はくつろぐ友人2人を残しこの景色を写真に収めることにした。

f:id:settidayo:20161218183921j:plain

f:id:settidayo:20161218183939j:plain

f:id:settidayo:20161218184005j:plain

f:id:settidayo:20161218184257j:plain

あー・・・帰りたくない・・・

最終日が晴れてくれただけでも嬉しいけれどやっぱり初日から晴れて欲しかった。

そんなことを思いながら写真を撮っていると1人の外人のおじさんから声をかけられた。当たり前だが英語なのでビビる。

「1人?」「今日帰るの?」というようなことを聞かれ、言っていることは分かるが(というか分かりやすくゆっくり言ってくれていた)返したい単語が出てこない。

「友人はあっち、あそこの木陰にいる」と伝えたかったのだがその単語が出てこないので、日本語と指差しで友人が向こうにいることを伝える。それで理解してくれる優しいおじさん。
ちなみに今Google翻訳で調べたところ「あっち」や「あそこ」は「Over there」と言うらしい。学生時代に習っていると思うが、「there」を習ったことしか覚えていない。

思うことが言葉にできないことにもどかしさを感じつつ、おじさんと会話を続けると「何時の飛行機?」と聞かれた。「16時前」と答えたかったが、その時「o'clock」が出てこなかった。「o'clock」は学生時代に覚えた記憶がある・・・それが出てこない。この時ばかりは流石に自分の忘れ具合に引いた。時間は腕時計の針を指差すことで解決できたが、「帰ったら基礎的な単語とトラベル英会話くらい覚えよう」、そう思った瞬間だった。



f:id:settidayo:20161218205755j:plainそして空港へ。帰りもハワイアン空港。

 

f:id:settidayo:20161218205823j:plainハワイで食べた最後の軽食。タコスのような…というかタコスなのかもしれない。料理名を忘れてしまったけど美味しかった。

 

f:id:settidayo:20161218210429j:plain搭乗。
行きは通路側の席だったので友人が窓側を譲ってくれた。

 

f:id:settidayo:20161218210557j:plainさよならハワイーーー

 

f:id:settidayo:20161218210608j:plainまた戻ってくるよーーー

 

f:id:settidayo:20161218210659j:plain機内食
ドリンクはグアバを選んだら缶ジュースで出てきた。やや甘かったので、紙コップで1杯貰えるくらいが丁度良かった。次は紙コップで貰えるか確認しよう。

f:id:settidayo:20161218210740j:plain
軽食。
サンドイッチと自分用にも買ったけどハワイアンホーストのマカデミアナッツチョコレートが付いてきた。言わずもがな美味しい。



これで私の初めての海外旅行兼、ハワイ旅行は終わりを告げたのだった。
またお金貯めて行こうと思う。


次回予告:ハワイで買ったお土産たち

モヤさまでも紹介されていたクラッキン・キッチンに行ってみた

ハワイ旅行3日目夜。
ダイヤモンドヘッドとブーツ&キモズのオプショナルツアーから帰ってきた後、昼はワイキキビーチとロイヤルハワイアンセンターを楽しみ、夜はモヤさまでも紹介されていたクラッキン・キッチンに行くことに。

この日はロイヤルハワイアンセンター周辺の道路が歩行者天国になっていて、フラダンスの特設ステージや、食べ物、アクセサリーを販売している露天が出来ていた。

f:id:settidayo:20161128223939j:plain
ステージの周りに出来る人だかり。そしていたるところで香る食べ物の良い匂い。そんな誘惑に遭いながらクラッキン・キッチンへ向かう我々。
 

f:id:settidayo:20161128224156j:plain
注文した料理がこちら。
豪快ー!


友達が予約して頼んでおいてくれたのは、タラバガニ、ズワイガニ、エビ、アサリ、イカ、ムール貝に3種のソースがかかったスペシャルコンボ」。

ソースはこんなかんじ。

・レッド・ハワイアンチリを使ったケイジャンスペシャルフレーバー
・ブラック・ハワイ産カカオ、黒胡椒、黒ごまを使ったこくのあるソース
・ホワイト・マウイオニオンをベースにしたレモンバターフレーバー

これを専用の手袋とエプロンをして頂く。手はソースまみれになるので、写真なんて撮っていられない。ただ食べることに集中するのみ。

カニの身はたっぷり詰まってて、ムール貝はぷりぷり、お肉もジューシーでどれも美味しい!

 

f:id:settidayo:20161128223700j:plain口直しにはドリンクを。何を注文したか忘れたが、飲み物も美味しかった。


その後、デザートを求めて「チーズケーキファクトリー」へ。

ここでのお目当てはそうデザート。購入したのがこちら。

f:id:settidayo:20161128224252j:plain

チーズケーキ!(お持ち帰り)

ここでも英語での注文が必要だったので若干緊張したが、店員さんが陽気で可愛かった&この3日間で私に英語で注文する免疫がついてきたのもあり、今までより緊張せずに注文することができた。

「cheese cake three Please」という、ただ単語を並べただけの注文だったが、店員さんは笑顔で対応してくれたので惚れそうになった。ちなみに店員さんは同性の女性だ。

ちなみにケーキの用意が出来ると店員さんに呼ばれるので、名前をこの時伝えた。私の名前をここでも笑顔で呼んでくれる店員さん。なんてフレンドリーなんだ・・・ストレスなく買い物できるここは天国かもしれないと思った。

受け取ったケーキは、ワイキキビーチにあるクヒオビーチパークの石垣に腰掛けて、夜の海を見ながら食べた。海は真っ暗だったがささやかに感じる風が気持ち良かった。ケーキは美味しかったものの少々甘く、2人で1つくらいで良かったかもしれない。


ハワイ最後の夜は、穏やかで心地よい時間が流れていた。

 

次回予告:これぞハワイ!これぞワイキキビーチ!

ブーツ&キモズで人気のパンケーキを食べてきた

f:id:settidayo:20161128222802j:plain

 

〜それはダイアモンドヘッドのツアーを探していた時のこと〜

友人1「日の出見るならツアーだね!」

友人2「ツアーだね〜朝食付きのがいー」

友人1「いいねー!朝食付き探そ!」

私「朝食付き良いー!ここに色々載ってた(某URL)」

友人2「キモズ朝食!!いいな」

友人1「普通に行くとブーツ&キモズすごい並ぶらしいからツアーで行けるのいいかも!」 

私「そういえば列がすごいから朝ごはんに行くのは諦めてって書いてあったの、何かで見た」

〜回想終わり〜

 

と、いうわけで列がすごそうだから行くことはないな、と個人的に思っていた「ブーツ&キモズ」に、ダイアモンドヘッド登頂ツアーのセットに申し込んで行くことになった。

 

ちなみに「ブーツ&キモズ」は、日本の芸能人も訪れるハワイで人気のパンケーキが食べれるお店だ。私はこのハワイ旅行でハワイグルメを調べるまで知らなかったのだが、テレビや雑誌でよく紹介されている女性に人気のお店らしい。

 

昨日カイルアに来た時にも近くを通ったが、やはり午前中だとお店の前には人だかりがあった。来るなら今回のようなツアーで並ばずに入るか、お昼すぎに来るのが良いのかもしれない。ちなみに営業時間を調べてみると月&水~金曜日は7:30~15:00、土・日曜日は7:00~15:00で、火曜日は定休日になっていた。

ちなみに営業時間はyelpというサイトで知れることができる。

さて、お腹の準備はというと、ダイアモンドヘッドで軽い汗を流した後だったので、とっくに準備は万端。

店内の席に各グループ毎に案内され、10分ほど待って出てきたのがこちら。

f:id:settidayo:20161128222822j:plain

1番人気のマカデミアナッツソースがかかったパンケーキ

一見甘そうだが、けっこうあっさりしていてペロリと食べてしまった。好みによると思うが、私はこれならもう1枚くらいならいける。

 

店内は日本人が多いのかと思ったが、地元民のような外国人の方半分、日本人半分くらいで私たちの席の周りはやや外国人の方が多いように感じた。

 

メニューを調べてみると、パンケーキだけではなくオムレツやエッグベネディクトもあるようなので、列がなければ次もまた来てみたいお店である。調べたところ、テイクアウトだと10分くらい待つだけでいいとの情報もあるので、次はテイクアウトを試してみようと思う。

 

次回予告:モヤさまでも紹介されていたクラッキン・キッチンに行ってみた