台湾旅行に出発する前に成田空港のマクドナルドに行ってみたら「Mサイズ」じゃなかった件

2017年3月某日、私は海外2カ国目となる台湾へ行くために成田空港へ来ていた。

前回、初海外となるハワイへ行く時は、成田空港に着いたのは夜で人があまりおらず閑散としていたが、今回はお昼。

お昼の成田空港(第1ターミナル)の様子はというと

f:id:settidayo:20170327203440j:plain

前も横も後ろもけっこう人が居る!
しかも明るい。

明るさについてはお昼な上に晴れていたので当たり前なのだが、やはりこういう雰囲気の方が「今から旅行に行くぞ!!」という気持ちになり夜の時とはまた違うワクワク感がある。
 f:id:settidayo:20170327203443j:plain


とりあえず自動チェックインカウンターで搭乗券を受け取り、出発口へ。

f:id:settidayo:20170327203445j:plain
このズラーっと出発便が並んだ掲示板を見るだけでもテンションが上がるのは私だけだろうか。

手荷物検査や出国審査を済ませ、いざ搭乗口へ。

…と行きたいところだが、出発まで時間がありお腹も減っていたのでランチタイムを取ることに。

私「何食べよう」
友人「マック!」
私「成田空港でマック」

と思ったものの、特に食べたいものも決まっていなかったので、マックへ行くことに。
レジ上に並ぶメニュー表を見上げる。

今の時期は「てりたま」が季節限定として販売されているが、気分じゃないので、チキンフィレオを注文。

空港価格なのか値段がやや高い…高いぞマック!

しかしそれには理由があった。

袋からドリンクを取り出す違和感が。

「何かでかくない?M…?これLサイズだ


もしかしてポテトも…?

f:id:settidayo:20170327203450j:plain
案の定、ポテトもLサイズだった

写真では分かりづらいかもしれないが、成田空港のマックでセットを頼むとLサイズのドリンクとポテトが入っているのである。値段が日本の街中より高かったのはこのせいなのだろう。

次回予告:エバー航空の飛行機に乗ってみたらキティ柄だった

 

2017年1月21日(土)サントリーサンバーズ VS JTサンダーズの試合を見に行ってきた

2017年1月21日(土)AM:JR蒲田駅f:id:settidayo:20170204212658j:plain

そこから歩くこと約15分。

f:id:settidayo:20170204212700j:plain

f:id:settidayo:20170204212702j:plain大田区総合体育館に到着。

この日の目的はそう、タイトルにも書いたとおりプレミアムリーグ男子バレーボール大会の「サントリーサンバーズ」 VS 「JTサンダース」の試合を見ることである。

f:id:settidayo:20170204213147j:plain
アーチをくぐって体育館内に向かう。
アーチには男子バレー8チームの代表選手が2名ずつだろうかが写っていた。

ちなみにバレーボールは学生時代に体育の時にやったくらいで、ルールはそれほど詳しくはない。今回は友人からお誘いを受けたので行ってみることにした。

f:id:settidayo:20170204222445j:plain
席から見える試合の様子。
友人は一足先に会場に来ていて席をキープしてくれていた。友人は「サントリーサンバーズ」のファンなので、席もそちらの応援席側に座る。

f:id:settidayo:20170204222737j:plain
応援グッズである「スティックバルーン」。

中に入ったのは試合開始15分前くらいだったのだが、これをストローで膨らませたり、友人から今日のベンチ入りの選手の名前を聞いているとあっという間に試合が始まってしまった。

選手の名前はほぼ知らないのだが、以前TVを見ている時に興味を持ったバレー日本代表でもある柳田選手が、「サントリーサンバーズ」の選手だったのはすごい偶然だった。今日そのプレイを生で見れるのを楽しみにしていたのだが、なんと今日は控えで試合に出ないという。

その代わりといってはなんだが、今日は今季の新入団選手である3人がベンチに入っているという。出るか分らないが、出てきたら精一杯応援しようと思えた。

f:id:settidayo:20170204222801j:plain

この日サントリーサンバーズ で一番アタックを決めていたのが4番の「ヤドリアン エスコバル」選手。出身はキューバで何と身長は200cm!ちなみに写真手前の2番「鈴木寛史」選手も200cmあり、遠くから見えていても特に背が高いのが分かる。


ここで、私のようにルールを忘れてしまった人のために簡単にルールを説明すると、6人制バレーは先に25ポイントを先取した方が1セットを獲得できることになっている。そして3セットを先取した方が勝ちだ。

1セット目はJTサンダーズに取られてしまったのだが、その理由はこの2人。

f:id:settidayo:20170204222845j:plain
189cmの「越川優」選手と

f:id:settidayo:20170204222900j:plain
202cmもある「ドラジェン・ルブリッチ」 選手。

この2人がジャンピングサーブやアタックなど、迫力がある球を敵チームながらこっちがスカッとするくらいバシバシ決めてくるのである。

余談ではあるが越川優」選手のジャンピングサーブは、某バレー漫画のセッター選手のジャンピングサーブとダブって見えたので、この人がモデルなのではと個人的に思えた。

f:id:settidayo:20170204222918j:plain
休憩の合間にはキッズチアガールのショーも行われた。

f:id:settidayo:20170204222920j:plain
マスコットのスーパーサンバーズくん。

f:id:settidayo:20170204222922j:plain見てる。

f:id:settidayo:20170204222924j:plain子供だけではなくスタイルの良いお姉さんもいる。この引き締まり具合は日頃の努力の賜物なんだろうが羨ましい。

f:id:settidayo:20170204222926j:plain決めっ。

癒しの時間が終わり、試合が続行される。

そして何セット目だったろうか、遂に新入団選手である3人の内の1人が呼ばれたのである。それは

f:id:settidayo:20170204222949j:plain
小川 猛(おがわたけし)くん!

友人いわく「ハーフのような顔立ちだけど、ばりばり日本名の子がいる」と聞いていたのでチェックしていたのだが、それが彼である。その彼が呼ばれたのである。ちなみに1994年7月7日生まれで22歳(2017年2月現在)とまだ若い。

彼はサーブを1本打ってすぐベンチに戻ってしまったが、その後も1〜2回ほど出番があったので良かったと思う。コートから出ようとするたびに周りの先輩方にぺこぺこしていたのが何だか可愛かった。

f:id:settidayo:20170204223002j:plain
隣にいるのがリベロの「酒井大祐」選手。
リベロとは守備専門のプレーヤーで、他の選手とは異なるユニホームを着ている。

友人から聞いて初めて知ったのだが、リベロの選手は審判の許可を得ず、後衛選手と自由に何度でも交代できるらしい。酒井選手はこうやってみると小さく見えるかもしれないが、180cmありコート上では堂々しているのでとてもカッコ良く見えた。

そして終盤盛り上がりを見せたのがこの「鶴田大樹」選手。

f:id:settidayo:20170204223020j:plain
ポジションはリベロらしいのだが、この日はレシーバーだったのでどっちもやるようだ(やれるんだ…)。

このサーブを打った後に会場で大歓声が上がるくらいの盛り上がりを見せ結果は最終的に…

f:id:settidayo:20170204223022j:plain

3−1でサントリーサンバーズが勝利!

2〜4ゲームは特に接戦で見ていてハラハラもしたけど、興奮もしたあっという間の数時間だった。あとやはり応援している方が勝つとすっきりした気持ちで帰れるのも良い。
 

f:id:settidayo:20170204212704j:plain

…バレーの試合を見ておいてなんだが、学生時代はバスケをやっていたので、何だかプロバスケッボールの試合も見てみたくなったな…と思いながら帰路につくのであった。

 

山下公園近くにあるTHE HOF BRAU(ザ ホフブロウ)に行ってみた

2016年11月最後の土曜、下記赤レンガのクリスマスマーケットに行く前に私はどこかでお昼ご飯を食べようと考えていた。

ドイツに行くお金がないから赤レンガのドイツの雪景色を再現したイベントに行ってきた

この日のメインはこのブログでも書いたように、赤レンガのクリスマスマーケットなのだが、行くからには昼もドイツを味わう何かを食べて、1日中ドイツを感じることをしたい…そう決意した私は「日本大通り ドイツ料理」「山下公園 ドイツ料理」など赤レンガ周辺のドイツ料理を探してみることにした。

すると昼からやっている良さげなお店を発見したので行ってみることにした。


▼その名は「THE HOF BRAU(ザ ホフブロウ)」

 地図を確認すると、どうやらお店は山下公園にあるローソンに近い。目印は黄色い看板。ローソン方面に進んで、道を一本入ればお店が見えてくるはずだ。

f:id:settidayo:20170128144411j:plain

キター!!!方向音痴の私にしてはほぼ迷わず来れたので嬉しい。

f:id:settidayo:20170128144413j:plain

黄色だけではなく白い看板もあった。

f:id:settidayo:20170128144415j:plain

クリスマス前なので、お店の前には素敵な白いツリーと入口にはリースが。こういう季節感のある飾りは個人的にとても好きなので、これだけで心が踊る。

とりあえず店内へ入ってみようと、恐る恐るドアを開ける。入口の右側にはすぐレジがあり、その向かって左側にはお酒がたくさん並んだカウンター、そして壁を挟んだその向かいにはテーブル席があり、一瞬、中尾彬&志乃夫妻かと思ったカップルが近くにいた。本物の中尾彬&志乃夫妻が居てもおかしくないくらいお店の雰囲気が良い。私たちは20代くらいの女性に案内され、そのカップルがいる前の席に着いた。

「さて、ドイツ料理の注文を」といきたいところだが、レビューやメニューを見ていると以前よりドイツ色が薄くなり、洋食店といったメニューがメインのとのこと。


前述で「1日中ドイツを感じることをしたい」と書いたが、ここではドイツ色が薄くても1品でもドイツっぽい料理を食べれればそれでOKということにした。断じて料理がどれも美味しそうだから食べたいものを食べることにした、というわけではない。

とりあえず「本場ドイツの家庭料理を彷彿させる」というジャーマンポテトサラダを前菜に、名物のスパピザという料理、友人が気になった牛スジ煮込みとマッシュポテトのグラタンを注文することにした。

▼お待ちかねの料理

f:id:settidayo:20170128213847j:plain

定番メニューというジャーマンポテトサラダ。酸味があり日本のポテトサラダとの違いを感じる。

 

f:id:settidayo:20170128213852j:plain

お次に来たのだお店の名物だというスパピザ。スパピザって??と思ったが、鉄板にミートソース、スパゲッティ、チーズを重ねて焼き上げたボリューム満点のお店オリジナルメニューだそう。

 

f:id:settidayo:20170128213854j:plain

チーズがめちゃく伸びるー!

f:id:settidayo:20170128213855j:plain

めちゃくちゃ美味しそう。
というか見た目に反せず美味しい。チーズ好きにはたまらない美味さである。

f:id:settidayo:20170128213859j:plain

そして最後に来たのが牛スジ煮込みとマッシュポテトのグラタン。ポテサラを頼んでおいてここでもポテトかよと思われそうだが、ドイツっぽさを感じられれば良いので何ら問題はない。

そして味はというと…想像以上に美味しかったー!

肝心の中身を撮るのを忘れたので、メニューの写真を載せておく。

f:id:settidayo:20170128215458j:plain

右側の写真がそうなのだが、牛スジが口の中でとろけるくらい柔らかくてソースも全てが美味しいのである。


ここの料理がすっきり気に入った私と友人は、他の料理も食べるべくまたの来訪を誓った。レジをしてくれたソムリエのお兄さんも話しやすかったし、初めて横浜観光する友人も是非連れてきたい。

最後に記念にお持ち帰りした名刺を紹介。
f:id:settidayo:20170128224352j:plain山下公園にある氷川丸に似ていて(それがモデルなのかもしれない)、地域の色が出ている。裏面の地図もシンプルにまとまっている

 

f:id:settidayo:20170128225153j:plain
また春までに来たいなあ。

日本酒と辻利兵衛本店の抹茶を使ったシルスマリアの生チョコを買ってみた

2016年11月某日

日本酒とチョコが好きな私にとって「これは」という情報が入ってきた。


生チョコ発祥の店「シルスマリア」の新商品の内の1つに日本酒と生チョコをコラボした商品があるというのだ。

他に新商品の中には「辻利兵衛本店」の抹茶を使った生チョコもあったので、私は抹茶好きの友人を誘って、「シスマリア」の馬車道店に行ってみることにした。

12月初旬某日

みなとみらい線馬車道駅に到着。お店から一番近い7番出口へ向かう。

f:id:settidayo:20170122130035j:plain


調べたところ、お店はここから歩いて5分くらいのとこにあるらしい。7番出口から出て信号のある道をすぐ右に曲がって進んでいくと、何やら雰囲気のある街並みと街灯が。

f:id:settidayo:20170122130038j:plain


お店はここら辺のはずなのだが、方向音痴なので軽く迷う。とりあえず人が多い方の道に進んでみるとそれはあった。

f:id:settidayo:20170122130040j:plain

「シスマリア」馬車道店!

「生チョコレート菓子・発祥の店」というキャッチコピーがかなり目を惹く。確かに「シスマリア」が生チョコ発祥の店というのは興味が湧く情報である。私も今回の日本酒と生チョコのコラボの情報を知るまで、ここが生チョコ発祥の店だとは知らなかった。てっきり海外が発祥とばかり…なんだか日本人としては嬉しい。


▼いざ店内へ

「いらっしゃいませ〜」

ドアを開けると商品を挟んですぐ前に店員さんがいた。店内は思ったよりも狭く、どこに居ても店員さんに見られているような気がして、悪い事をしているわけじゃないのに若干緊張する。

だが今日は買う気満々で来たので、堂々としていれば良いのだ。

狭いという言葉を言い換えれば、店内が数歩で全部見渡せれたので、見てるだけでどれも美味しそうであれもこれも欲しくなった。欲望に忠実に商品を買っていては破産するので、とりあえずお目当ての生チョコの購入に集中することにした。

f:id:settidayo:20170122163616j:plain

メインケースに並ぶ商品たち。

f:id:settidayo:20170122170802j:plain

よく見ると、目当ての日本酒と抹茶の生チョコは偶然にも横に並んでいた。

木箱がなんとも高級そうである。というか写真中の日本酒とコラボした「九平次生チョコレート」は16粒で1,800円、左の「宇治抹茶生チョコレート」は10粒×2箱入りで2,700円なので、そう安くはない。

f:id:settidayo:20170122170815j:plain

新商品の左側には定番商品と思われる生チョコが並んでいた。


▼実際に購入してみた

まずは日本酒とコラボした「九平次生チョコレート」をオープン。

f:id:settidayo:20170122191626j:plain

f:id:settidayo:20170122191640j:plain
横にスライドするタイプだった。

f:id:settidayo:20170122191642j:plain

f:id:settidayo:20170122191644j:plain
16粒のホワイト生チョコーレトがぎっしり。

開けた後の写真は撮るのを忘れてしまったためないが、上の写真にもある串を使って1つをパクリ。


はぁ〜〜口に含んだ瞬間、日本酒の味が舌に広がる〜〜!

日本酒と生チョコの味が見事にマッチしていて最高に好みの味だった。噛まずに舌で味わっていると喉に若干、日本酒の味が染みてくるのが良い。女性の日本酒好きの方はもちろん、バレンタイデーなどに日本酒好きの男性に贈ってもこれは喜ばれると思う。

ちなみにアルコール分はどうかというと

f:id:settidayo:20170122191646j:plain

1.4%。

次に「宇治抹茶生チョコレート」。

f:id:settidayo:20170122193211j:plain
日本酒とコラボした「九平次生チョコレート」もそうだが、箱からして特別感がある。

f:id:settidayo:20170122193240j:plainこっちは上に蓋を開けるタイプ。

f:id:settidayo:20170122193303j:plain
袋には「SILISMARIA」と「辻利兵衛本店」の文字がプリントされていて、コラボ商品ならではといったデザイン。「宇治抹茶生チョコレート」の方は2袋で1つなので、1つは一緒に購入した友人に渡した。

袋の中のチョコはこんな感じ。

f:id:settidayo:20170122193304j:plain
見た目も濃いが、食べてみると抹茶本来の味を感じるくらいに濃い〜!チョコというか抹茶を食べているような感じに近かったが、抹茶好きの友人は日本酒の生チョコよりもやはりこっちの方が気にっているようだった。


1つ食べると美味しさから次から次へと手を伸ばしたくなるが、日本酒とコラボした「九平次生チョコレート」も「宇治抹茶生チョコレート」のどちらも一粒100円以上するので、庶民の私は1日1個〜4個までにしようと限度を決めて生チョコたちを味わったのだった。


▼ちなみに店舗では

店内では毎回用意されているか分からないが、私たちが行った時には試食することができた。最初に一番人気だという定番チョコの「公園通りの石畳」チョコを頂いたのだが、これが滑らかで新作チョコを買いに来たのにこの定番チョコも欲しくなるほどに美味しかった…!


最後にせっかくなので、新商品の1つである焼酎とコラボした「一刻者生チョコレート」も試食させて貰うことになったのだが、口に含んだ瞬間、目を見開いた。

すんごい芋焼酎

芋焼酎を滅多に飲まないせか、はっきり主張してくる芋焼酎の味がすごい伝わってきた。私にはチョコよりも芋焼酎の味が強く印象に残ったが、普段から芋焼酎呑む人にとってはまた別の感想になる気がしてならないので、これは是非芋焼酎好きの人に試食して貰い、感想を聞いてみたい。


それとこれは後から知ったのだが、この生チョコたちを作っている「シスマリア」のシェフ、小林正和さんはあの「メルティキッス」の監修者だったのだ。

「メルティキッス」を初めた食べた時の美味しさは衝撃的だったけど、まさかこのお店のシェフが監修者だったなんて…次行ったら今度は定番チョコも買ってこようと思う。

【ほぼ食べ物】初めてのハワイ旅行で買ってきたオススメのお土産を紹介してみる

ハワイ旅行から既に3ヶ月が経とうとしてるが、私が初めてのハワイ旅行で買ってきたオススメのお土産を紹介してみようと思う。

その1.ハワイアンホーストのマカデミアナッツチョコレート

f:id:settidayo:20161224142406j:plain

子供の頃、「ハワイと土産といえばこれ」と思うほどよく貰って食べた記憶のあるハワイアンホーストのマカデミアナッツチョコレート。別のマカダミアナッツチョコレートを貰ったこともあったが、これを買わないという選択肢は私の中ではないほど定番のハワイ土産。

私が行った時はABCストアが安かったと思う。

その2.ライオンコーヒー

f:id:settidayo:20161224170739j:plain
職場の美人同僚に「ハワイに行くたびスーツケースの半分以上は買って帰ってくる」と言われる程おすすめされたフレーバーコーヒー。コーヒーに香りが付いているのが特徴。ハワイでコーヒー?と思ったがコーヒーはハワイの特産品で、特にハワイ島南西部のコナ地区でのみ栽培されるコナコーヒーは、ブルーマウンテン、キリマンジャロと並び、世界3大コーヒーとして知られているらしい。

今回私が購入したのは

f:id:settidayo:20161224170943j:plain

同僚一押しのヘーゼルナッツ。

f:id:settidayo:20161224171253j:plain日本人に人気というバニラマカダミア。

f:id:settidayo:20161224171345j:plain

チョコ好きの私にとって買わずにはいられなかったチョコレートマカダミア。

の、3種類。

ヘーゼルナッツとマカダミアチョコレートを飲んでみたけど、本当に良い香り!実家と姉夫婦にも送ったら、皆気に入ってくれて1ヶ月もしない内に1パック飲み干したらしい。ライオンコーヒーは女性だけならず男性をも魅了する罪深いコーヒーのだと知った。苦味もあまり無くとても飲みやすいので、これならたくさん買いたくなるのも頷ける。

そして、私がこれを安く購入するために、ロンスグスドラッグスの会員になった話はこちら

その3.ホノルルクッキー

f:id:settidayo:20161218154214j:plainパイナップルの形が特徴的なホノルルクッキー。個人的にここ近年、職場で貰うことが多いハワイ土産。

f:id:settidayo:20161224143623j:plain

f:id:settidayo:20161224143650j:plain

写真は自分に買った5個入り用ボックスだが、5個入り〜30個入りまで入るボックスを選ぶと、20種類ほどあるクッキーの中から自由にクッキーを選んで詰めることが出来た。

f:id:settidayo:20161224143701j:plain

私は果肉入りのホノルルクッキーよりも、チョコがかかっているタイプの方が好きなのでこういうチョイスになった。自分で数を決めれるタイプの他に、最初から数が決まっているボックスタイプや、パイナップルの形をした可愛いボックスタイプもあるので、自分用にも会社用にも使い勝手の良いお店。

その4.ザ・クッキーコーナーのクッキー

f:id:settidayo:20161224144308j:plain

私が初日に出来たてを食べて感動したザ・クッキーコーナーのクッキー。
詳しくは下記の記事中盤で。

f:id:settidayo:20161224144630j:plain
箱に入っているタイプもあったが、今回は缶に入っているタイプにしてみた。

f:id:settidayo:20161224144644j:plain

出来たてじゃなくても美味しい。地元の人にも人気というのがうなずける。出来たての(というかバラ売り)クッキーしか購入したことがない人にもこれはオススメしたい。
 

その5.ルピシアのハワイ限定商品

f:id:settidayo:20161224145801j:plain

f:id:settidayo:20161224145838j:plain
日本でもお馴染みのルピシアのハワイ限定6種類パック。PALEKAIKO、ANELA、HUAKI、LANIKAI、HOKU、KUUIPOが2パックずつ入っていて計12個。巾着の色はネイビーもあり、値段は確か日本円にして1,500円ほどだった。
どれもフルーティなのだが、匂いというか味にくせがあるものもあったので、試飲させて貰うと良いかもしれない。私はLANIKAI、KUUIPOが特に好きだと感じた。

 

その6.サヌーク(Sanuk)のサンダル

f:id:settidayo:20161225114009j:plain

f:id:settidayo:20161225113641j:plain

ヨガマットの素材を使用していて、はき心地がとても良く、かかとに布を固定できるので脱にくいし歩きやすい。サヌーク=タイ語で"FUN=楽しみ"という意味で(公式サイト参照)、その意味のとおり見てるだけでワクワクするようなハワイアンらしい柄が多い。ワイキキ通りのアイランドソール(Island Sole)で購入したが、先に寄ったアラモアナセンターよりも種類が豊富だった。

その7.ルルルンのハワイ限定フェイスマスク

f:id:settidayo:20161224143049j:plain

7枚入りのフェイスマスクが5パック入っている。女性へのお土産にもう1品追加したい時に小分けにして配れるのが良い。万人受しそうな良い香りがする。

その8.SURF’S UP PEANUTSのグッズ

f:id:settidayo:20161224151111j:plain

日焼けしたスヌーピーやキャラが特徴のハワイ限定ショップ「SURF’S UP PEANUTS」のグッズ。私は上記シール3枚を購入したが、店内ではマグカップやタオル、バッグ、ボールペンなどが販売されていた。シールは日本円で1枚300円ほどで割高だったものの、ハワイならではのスヌーピーが満載だったので、スヌーピー好きには是非とも行くだけ行ってみてほしい。

以下番外編

お〜いお茶英語ver.

お土産というわけではないが、日本でお馴染みの「お~いお茶英語ver.」が珍しかったので紹介したい。

f:id:settidayo:20170114140530j:plain
ぱっと見、日本の「お〜いお茶」と同じに見えるけどよく見ると…

f:id:settidayo:20170114140536j:plain
Oi Ocha (おい おちゃ)

「お〜い」の「〜」が抜けるだけで、和やかな呼びかけから、誰かに引き止められるような呼びかけに変わる気がするのは私だけだろうか。

f:id:settidayo:20170114140532j:plain裏はびっしり英語。
読む気にはなれないが、日本語Ver.と比べてみるのも面白いかもしれない。

初めてのハワイ旅行でロングスドラッグスの会員カードを作ってみた

「ロングスドラッグスの会員になると安く買い物できる」

ハワイ旅行に行く前、「ライオンコーヒーを買うにはどこが安くて良いんだろう」と思っていた私が、ネットで情報を調べていた時に得た情報である。

ロングスドラッグスはハワイの「マツキヨ」的存在で、お土産系の他に日用品や化粧品も扱っている。

店舗の場所を調べると、カラカウア通りやアラモアナセンターにあり、アラモアナセンターなら初日に行く予定がある。そこで会員登録してライオンコーヒーを買ってこよう・・・そう決意した。

〜ハワイ初日〜
アラモアナセンターの2階に上がると、ロングスドラッグスはすぐ見つかった。しかしまだ着いたばかり。お土産を買う気分にもなっておらず、買っても荷物になるのでとりあえずライオンコーヒーが置いてあるかだけを確認してみることにした。

「置いてなかったらどうしよう」と思ったが、それらは入口から進んで30秒くらいのところにある、食料品関係の棚に陳列されていた。値段は2つ表示されていて、ひとつが非会員価格の6.9ドル、もう片方が会員価格の3.9ドルだった。

会員にならないと損すぎるでしょ

しかしこれが他のお店より安いのか私は分からない。何故ならまだロングスドラッグスでしかライオンコーヒーを確認していなかったからだ。とりあえずアラモアナに着いてまだほとんど経っていなかったので、食品系のお土産系は後回しにして、他の気になるお店を回ることにした。


〜ABCストアで値段比較〜
アラモアナセンターを回っていると偶然ABCストアを発見した。ここならライオンコーヒーが置かれているかもしれない、そう思い店内を探すとやはり置いてあった。値段は・・・5.39ドル。いつもはどうか分からないが、この日はロングスドラッグスの方がライオンコーヒーは安かった。買い物も終盤だったのでロングスドラッグスに戻り、会員登録をすることにした。

〜いざロングスドラッグスで会員登録!〜
ライオンコーヒーを手にし、よし、会員登録しようと思った時にふと気付いた。あれ、どうやって会員になれば良いんだろ・・・。そう、私は方法まで調べていなかったのである。


レジで言うの?というか英語が必要・・・?

とりあえずググる。英語で何と言えば良いかググる

「会員になりたいです。」は
「I’d like to be a member of this shop.」
または
「会員カードを作りたいです。」なら
「I’d like to get a member card.」でOkです。


「なるほど、あいどらいくとぅげっとあメンバーカード・・・あいどらいくとぅげっとあメンバーカード・・・」

求めていた英会話を載せてくれていたサイトに感謝しながら、心の中で単語を復唱しまくる。ライオンコーヒーを持ってレジに並ぶ私・・・ハワイに来て一番緊張していた瞬間かもしれない。

レジに並んで3分ほどで私の番がきた。


緊張で覚えた英会話の内容が一瞬飛ぶ。

それでも思い出しながら「あいどらいくとぅ・・・げっとあメンバーカード」と一語一句を話すと、店員さんは分かってくれて、メンバーカードを見せてくれた。

そう、それです、それが作りたいんですー!と思わず笑顔で頷きまくる。

店員さん「Name and email address」


名前とメールアドレスを渡された紙に記載するだけで会員登録できるらしい。今思えば住所とか電話番号はいらなかったんだな・・・必要事項が簡単で本当に良かった。

無事会員登録でき、貰った会員カードがこちら。

f:id:settidayo:20161225161256j:plainやったー!!

2枚1組だったのだが1枚は控えか家族用なのだろうか。穴を開ければキーホールダーを付けたりできるらしい。

ハワイは年に1回、いや数年に1回しか来れないかもしれないが、会員登録を迷っている人がいるならそれでも会員になることをオススメしたい。英語は緊張するが、「ロングスドラッグスの会員になると安く買い物できる」という情報は本当なのだから。

2017年が明けて

f:id:settidayo:20170109132937j:plain
年始限定で「2017」と表示される東京タワーを見てきた。
これを見ると、この1年間やれるだけやろうと、前に進む気持ちが芽生える。

f:id:settidayo:20170109132941j:plain東京タワーの入り口近くにはワンピースとコラボしたチョッパーもいた。

2017年はこんなチョッパーのように笑って終われる年したい。