ハワイアン航空に乗って初の海外旅行ハワイへ!成田空港からホノルル空港までの軌跡

2016年9月某日に3泊5日でハワイに行ってきた。
私にとって初海外、初ハワイである。
 
私の「死ぬまでにやりたいことリスト」の最重要項目は主に海外旅行にある。
そんな海外旅行の第一歩として選んだハワイ旅行について少しずつ書いていきたい。
 

出発日当日、会社を早退して、日暮里から京成本線特急で成田空港に向かう。
京成線は日暮里から成田まで74分かかるが1,030円でいける庶民の財布には優しい路線のことである。
 
初海外、初ハワイであると同時に成田も初めである。ただ、某番組を見ている影響で、「外国人がたくさんいて番組スタッフもいるのかな」と想像が働く。そんなこと思いながら、友人と待ち合わせている第一ターミナルの出発ロビー(4F)へ足を運んだ。
 
着いた。

初成田だーー!

f:id:settidayo:20161127125619j:plain

 時間が18時すぎのためか、思ったよりも人がおらずごちゃごちゃしていない。

f:id:settidayo:20161127125554j:plain

 
人が集まっているところといえば、インドネシア航空のカウンター周辺くらいで、外国人もちらほら見かけるくらいだった。18時を過ぎたこの時間帯は人が少ないのかもしれない。
 
少々残念に思いつつも友人達と合流し、登場手続きからセキュリティチェック、税関手続き、出国審査をさっさとすませすることにした。

パスポートが必要なこと以外、国内旅行で飛行機を使う時とそう違いはないなと感じた。海外に行く時に必要になる税関手続きと出国審査もすぐ終わった。

とは言っても、出発時間の2時間半前に集まったにも関わらず、出発までは1時間を切っていた。必要な手続き以外にもなんだかんだ色々やっていると時間はあっという間に経っているものである。

とりあえず夜ご飯を食べておらず、お腹が空いていたので出発ゲート近くで軽い夜ご飯を食べることに。

f:id:settidayo:20161127130701j:plain

BECK'S COFFEE SHOP(ベックス・コーヒーショップ)のブルーベリーとカマンベールチーズのベーグル。想像以上の美味さに思わず写メる。
  
 
お腹を満たしたところで、今回乗るハワイアン航空の搭乗口へ!

f:id:settidayo:20161127130700j:plain※写真を撮っていなかったのでハワイで撮った写真を載せるが、実際の出発時間は21時。

 
機体の尻尾部分にはハワイアン航空のロゴにもなっているハイビスカスをつけた女性の横顔がプリントされていて、飛行機に乗る時点からハワイの気分を味わいたかった私は「ハワイアン航空を選んで正解だったな」と思えた。

 

f:id:settidayo:20161127131008j:plain

 
メインはビーフンに鶏肉と青梗菜が入ったあんかけがかかったもので、お土産でも人気のホノルルクッキーがついていた。
 

f:id:settidayo:20161127131010j:plain

朝に出た軽食。 バナナが美味しかった。
 
もう一度言っておく。
 
バナナが目が覚めるほど美味しかった。
 
機内アナウンスによると、どうやらハワイ産のバナナだったらしく、ちょうど良い甘さに加え、冷えた温度が抜群でとても美味しく感じた。感動でお土産にハワイのバナナを買って帰ろうかと考えるが、バナナを含めた一定の野菜や果物、肉製品は機内に持ち込み不可か検査が必要となるのですんなり諦めることにした。現地で食べよう、それが良い。

 

f:id:settidayo:20161127131248j:plain

朝10時前。
 
ハワイが見えてきた。
 
晴れてる・・・晴れてるやったーー!!
 
ハワイなんていつも晴れてるんじゃ?と思う人もいるかもしれないが、出発前にハワイのホノルルの天気予報を見ると「曇り時々雨」になっていて、晴れマークなんてものはなかった。せっかくの初ハワイ・・・どうせなら青空が見たい。そう願っていたので青空が見えた時には思わず笑顔になった。
 

f:id:settidayo:20161127131249j:plain

ホノルル空港に到着。
ヤシの木があちらこちらに見えて、これだけでハワイらしさを感じる。
 
しかし日本と変わらないくらいの湿度を感じ、「ここハワイだよね…?まだ日本…?」と思考が一瞬停止する。ハワイは想像よりもカラッとした気候ではないのだ。
 

次回予告:気づかないうちに入国審査が終わっていた